鼻毛ゴリラ放送局  ~あたし、風が好きっ~
電子遊戯網における変質的戦記を綴る局
201705<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201707
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
珠玉の一時
まさか、こんな素敵なことが起こるなんて!

こう思える一時は、そう頻繁に出会えるものではない。
この日、そんなファンタスティックなモノをいくつか発見した。
それは、あまりに小さいモノかもしれないし、他人から見れば極めてどうでもいいモノかもしれぬ。

それでも、俺は感動した。
ハートを揺さぶるのに、スケールの大きさなど関係ないのだ。

戦場で、こんなことを言われたのは初めてだ。
hanage217.jpg
乾杯された。

チャットのログの背景からお察しの通り、そこは水辺である。
俺は、どんな汚れた泥水が流れていようと、その場でその瞬間に水をすくって乾杯したくなった。


別の戦場では、敵ナイトの軍勢が押し寄せてきた。
ゴキブリ集団のような動きをみせる彼らのせいで、俺はアドレナリンを漏洩しまくっていた。
hanage219.jpg
ゴゴゴゴゴゴ・・・


チュートリアルでは、お互いがお互いのハートに落ちた。季節はもうすぐ春である。
hanage222.jpg
(ここから先は自粛)


街には、新課金装備なるものが入荷されたようだが、今回の装備はスカートにドキドキしちゃう
仕様になっているようだ。その入荷されたスカートにドキドキしちゃう仕様のコーディネートを
なさった女性戦士の方がおられた。
さっそく、お香を失敬した。俺の鼻は春の息吹で満たされた。
hanage221.jpg




さて、ネツァワルという国が活気に満ち溢れているのは、街の空気や設備、
もとい環境の良さと言えよう。
そんな環境の良さをウラで支える職人たちに出会うことができた。
ちゃんと、屋号を持っており、ビジネスを展開しているヤリ手集団だ。
hanage215.jpg


彼らの電力供給がなければ、この街の明るさは消し飛ぶだろう。
彼ら職人たちを拝見できるとは光栄の極み。

見よ、なんとも頼もしい連中ではないか。
hanage218.jpg
優秀な発電機達が、品の良さそうな音をたてて稼動している。

ちなみに、俺が出会った時はアイドル状態であり、1体につき1Wの電力を生成していた。
有事の時は、彼らが多大な電力を生成してくれるであろう。


実に、珠玉の一時を過ごした。
hanage214.jpg
hanage216.jpg
なんと熱く頼もしい連中であろうか。
我々のライフラインは、安心して彼らに任せられる。

誰かの役に立ちたい!縁の下の力持ちになりたい!
全ては世のため人のため!

こんな精神をお持ちの方は、採用窓口の門を叩いてみてはいかがだろうか。











いつも思うんだがね、黒いビロビロした方や。
hanage220.jpg

それは本当に切れるのかね?

何かを切れば、切裂き音がするはずなんだがね。
いつもね、カエルが潰される瞬間に恨みつらみを叫んだような声を発してね、
アンタがその剣?を振り回すからね。音がかき消されるのさ。
で、気付いたら歩兵は地面に沈んでいる。

切れているんだよな?撲殺しているんじゃないよな?
なんてったって、ギロチンソードだもんな?
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。