鼻毛ゴリラ放送局  ~あたし、風が好きっ~
電子遊戯網における変質的戦記を綴る局
200611<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>200701
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
材料作り
1日平均10~20アクセス、下手すれば1~2アクセス(つまり全て俺)な
この弱小ブログに、なぜか12/27は、138アクセスもあったようだ。
いつものように更新しただけのハズだが、全く持って意味不明である。
誰かが故意にカウンターをぐるぐると回し続けたように思えてしまう。
そんな俺の心は荒んでいるのか。
hanage85.jpg
こんな戦場を見ても、ウンともスンとも笑わなくなった俺は、今きっとおかしい。



ログインし、FEzeroの世界へ降り立とうとすると、Bサーバのキャラが消滅していた。
hanage86.jpg
サーバがメンテナンス中だと、こういうことになるらしい。
Bサーバそのものをメンテナンスとは、思い切ったことをする。
愛してるぜ、ゲームポット。


2006/11/7の記事のとおり、FLASH作成計画をほぼ放置していたわけであるが、
ここ最近は材料集めに奔走している。
その材料の中で、複数人の協力が必要なシーンがある。

Bサーバの部隊メンバーに協力を仰ごうと思ったが、
サーバが上述のザマであり、それ以前に俺の部隊は好戦的なメンバーが
多く、四六時中、戦争に参加したり、勃発させたりしている。
そんな連中に、「撮影に協力しろ」と言っても、
「戦に協力しろ」「スクリーンショットを増やすよりスコアを増やせ」と
罵られるのが関の山である。

ここは、撮影用キャラでノリの良い国でロケを敢行するしかあるまい。
人を集めるために声をかけなければいけないため、くだらない撮影に
付き合ってくれるノリの良い国を選ばなければならないのだ。

今日までのFEzeroプレイ経験から、ノリの良い国はある程度絞ってある。
街中で、軍団チャットを使って猥談を平気で行うような神の国はただ一つだ。

ゲブランドである。




さっそく撮影用キャラが、Aサーバのゲブランドにロケに行く。
街中で募集をかけたが、全く引っかからない。
それどころか、軍団チャットすら僅かながらにしか聞こえない。
おやおや、これはミスか。

作戦を変更する。チュートリアルで演習中の集団に声をかけることにする。
幸い、2vs2で戦っておられる方々を発見した。
近づいて協力をお願いすると、彼らは戸惑いの色を見せていた。
しかし、撮影する画像(材料)がネタ写真だとわかると、
全員、快く引き受けてくれた。ゲブランドはやはり質が違う。

女性キャラをジャイアントにしたりといったミスキャストが
起こってしまったものの、撮影は順調かつ無事に完了した。
hanage87.jpg
名演技を見せてくれた役者達と思わず記念写真をとってしまった。
それぐらい嬉しかった。いい材料が手に入った。

・・・今日は、変態プレイをしていないかもしれない。
[材料作り]の続きを読む
スポンサーサイト
Aサーバの朝模様
地球上での標準時刻AM7:00ごろ、働く人も働かない人も
寝床の上で不機嫌な表情をうかべているころであろう。
それに加え、体は重い。やる気が出ない。
朝は誰にとってもツライ。

そんな時間のAサーバのネツァワルに侵入してみようと思う。
朝はどんな光景を拝見することができるだろうか。

hanage84.jpg
みんな大好きゲームポットは、いつもキュートだ。

そして例のごとく、
hanage67.jpg
キュートな贈り物をしてくれる。愛してるぜ、ゲームポット。

さて、ケダモノキングとその娘が住む大陸はこんな状況だ。
hanage68.jpg
さすがに、人なんぞいまい。

中央大陸では、
hanage69.jpg
戦争が勃発している。
まさか、こんな時間でも300人以上の人が集っているのか。
喜べ、ゲームポット。


首都ベインワットに降り立つ。
hanage70.jpg
ここは、高い確率でスタート地点に選ばれる場所であって、常時、人口密度が高い。
だが、このガラリとした空気はどうか。今ごろ、みんなして、寝床の上で
頭をかきむしっているに違いない。


おかげで、一部ではカルトな人気を誇るこの男も目立つ。
hanage71.jpg
思わず、ひざまずいてしまったハハァ。


銀行前は24時間盛況だ。チャットも行われている。
hanage72.jpg


この女性は、俺が目の前を通過するだけで、手で顔を覆った。目に入れたくないのか。
hanage73.jpg
「もう見てらんないっ!」


途中、めでたい装備で身をかためた女性陣が、パーティをひらいていた。
hanage74.jpg
どうでもいいことだが、カベ際で陣取られると、撮影に難儀する。


ハァハァしながら、俺も溶け込もうとサンタの服を着込んだ。
すると、パーティ中の女の子の一人に、声をかけられた。
hanage75.jpg
まさか、俺に対する発言だなんて思わなかったんだ。

hanage76.jpg
こんな嬉しいことを言ってくれるのだが、

そのときの俺の姿はこんな状態である。
こんなキモイ姿の男が好みとは、気は確かかね?
hanage77.jpg
思わず、「/confuse」となる。

hanage78.jpg
そうさ。どんなにキモイ男でも、どんな変態道を歩んでも、好いてくれる人はいるんだ。
俺は、好かれる男になれたんだ。

ただ、気になるのは、
hanage79.jpg
俺は笑われているのか。

変態の道を温かく見守ってあげるというメッセージか。

中学生がラブレターをもらったようなトキメキは偽りか。

俺は!俺は!






気づくと、俺は戦場にいた。

hanage80.jpg
こいつが、めでたいツールを使ってキモさをアップしていた。
俺よりキモイなんて、こんなに悔しいことはない。
おまえは存在してはいけない。
俺が滅ぼしてやる。




hanage81.jpg

[Aサーバの朝模様]の続きを読む
きよしこの時期、正式サービスへ
俺が愛してやまない、ゲームポットから、ついに
FEzeroの正式サービス開始の告知がなされたようだ。
結局、なんで「zero」なのかサッパリわからなぬままであった。
この告知がなされるまで、俺はこのブログの存在を忘れ気味であり、
俺は、変態に加えてモノグサ。

さて、ひさびさにFEzeroを開始する。
hanage60.jpg
いきなり、大量のデータが流れ出してくる。ISDNとかだったら既に死んでいる。


久々に、戦場に降り立つ俺は、女の子を見かけるだけでムラムラする。
最近のアキハバラ市場に習って、俺も癒し所を発掘しようと試みた。

ほう、おまえさん、アキバ風だな。
hanage58.jpg
さっそく、頭をうずめる。

すると、
hanage59.jpg
なんと!貴様女装していたのくぁ!
どうりで股間からただならぬ気配を感じるわけである。
アンとやら、そんな貴様は俺並に変態だ。

エライモノを顔に突きつけられて、俺はやっと我に返った。
するとどうだろう。周りは、今までとは違う空気に包まれている。
なんだ、なんなんだこの感じは。戦場にいくとその答えはすぐにわかった。
hanage56.jpg
そうか、普段シリアスなあなた方も、この時期はこぞってめでたいのか。

最初っから、クリスマスシーズンに、
正式サービスを計画してたのかゲームポット。
さすがだ。がめつい。愛してるぜ、ゲームポット。

街中もめでたい空気にあふれ、皆めでたいクリスマス装備をしている。
俺も然り、今ぐらいはめでたくなるべきだ。
出遅れてはいけない。俺はクリスマス装備を求めて、
街中を奔走した。
hanage64.jpg


そのめでたい装備は、このジャリガキがカギを握っている。
hanage66.jpg
「クリスマスアイテムやるから、女の子に渡してこいや。」

クリスマスアイテムとやらをくれた。
hanage57.jpg

これを、あのジャリガキが探している女の子に渡せば、めでたい装備が入手可能だそうだ。
かたっぱしから、女の子に話し掛ける。
股の間に頭を挟むとかいう行動は自制しておく。

ある女の子から、「やっと持ってきやがったか、Up yours!!」
とか言われて、クリスマス臭い靴をくれた。
hanage65.jpg
装備した。

hanage52.jpg
メリークリスマス!鼻毛ドンブリです。

靴と、その靴から上の服装のアンバランスさが、ひたすらキモイ。
やったぜ、俺はもっとキモくなることができたんだ!

どのくらいキモイのか。
全身クリスマス装備の男が、立ちションしてたので、連れションしてみよう。
hanage51.jpg
やはり、全身クリスマス装備のほうがしっくりくる。
ただ、共通して、白いロングソックスがキモイかもしれない。
しかし、俺には誉め言葉でしかない。

嬉しいので、何人かに見せびらかした。
hanage53.jpg
ほら、どうよ。ほれ、ほれ。

hanage54.jpg
欲しいって言ったってあげないぜ。

どいつもこいつも無反応だったあげく、

hanage55.jpg
この男に無言で刺されt・・・ひぎゃああああああ!!



戦場を走れなくなったので、馬に乗ることにした。

馬に乗って、馬乗り仲間を呼んで、馬乗り合戦で遊んだ。
hanage62.jpg
やはり、俺はナイトが好きだ。

さっそく、やつらが現れた。
hanage61.jpg
愛してるぜ、ゲームポット。
[きよしこの時期、正式サービスへ]の続きを読む
knight in the night
Bサーバを覗くと、誰かが街中で、ナイトについて質問していた。

赤の他人の俺が聞こえるぐらいなので、他の人にも聞こえているだろう。

質問者に対し、回答者は「来いよ。俺と来いよ。」といわんばかりに、
チュートリアル1に来るように誘っていた。
同時に、チュートリアル1でナイト練習するという声が街中に響き渡る。


俺は気がついたら、チュートリアル1の戦場で馬に乗っていた。

騒ぎを聞きつけてやってきた馬乗り達が、お互いを牽制し、
お互い突き合い、乱戦状態となっている。

3vs3、護衛戦、勝ち抜き戦、講習・・・

各々が各々のために馬に乗っていた。

俺は、敵側としてチュートリアル1に入ってきた同じ部隊のメンバーを、
ぐへへへ、と追いまわしたりしていた。

ヒマそうにしているメンバーがいれば、

「 や ら な い か ? 」

と誘う。

「うほっ」

とかいう返事とともに、タイマンバトルを始める。



いつしか、部隊のメンバー同士のタイマン闘技場になっていた。

やがて、部隊外の馬乗り達も、ぞくぞくと参加していた。
hanage50.jpg
時刻にして、深夜の3:00とかである。みんなアドレナリンが出過ぎている。



そして、最後の仕上げは、参加者全員による、総当たり戦である。
hanage49.jpg



俺の所属する青組が、一人の没者を出すことなく、赤組を壊滅させた。
hanage48.jpg



アドレナリンが枯れるまで馬に乗り続けたライダー達は、「おつかれ」と
散っていった。


みんな、ナイトが好きなのだ。楽しくて仕方ないのだ。


最後まで残って、解散したのは時刻にして早朝5:00。
ここにいたライダー達は、みんな生活リズムが狂った連中であろう。
俺も含めて。
[knight in the night]の続きを読む
オイシイトコロ
ナイト乱戦中・・・

みんなが頑張ってくれたおかげで、
敵のナイトのHPはみんな1/4以下になっていた。
俺は、とどめを刺しまくった。

おかげで、敵ナイト5騎を馬刺にするとかいう
新記録を達成した。
おいしいところをいただいた。

肉汁が頭から出たハァハァ。
[オイシイトコロ]の続きを読む
たまには勇姿を
俺の記事を見返すと、戦争中の写真が一つもないことに気づく。

FEzeroは戦争ありきのゲームである。よってプレイ時間は戦争が
大多数を占める。変態プレイの好きな俺でもそれは例外ではない。

ちゃんと戦争している。
ちゃんと戦っている。
ちゃんと突いている。

最近はナイトで出陣する機会が増えたので、その俺の勇姿を公開しておく。
ネイティブ変態とか100%純変態とかいう不名誉なレッテルを
貼られたくないがための防衛策である。

鼻毛ドンブリではないが、Briahサーバのキャラの勇姿
hanage45.jpg
ちゃんと突いている。

むっ、近くの同朋ナイトが、敵のナイト群に蜂の巣にされて、ウボァァァと崩れ落ちた。

ツギハオレダ。貴様ら全員まとめて串刺しにしてやる。

hanage46.jpg

[たまには勇姿を]の続きを読む
何だかオープンベータくさいぞ
当分ベータベータだなこりゃ。VHSは滅べ。


・・・と書いて見直したら、あまりのつまらなさにブログ閉鎖しようかと
思ったが、ここでバックスペースキーやらデリートキーを押して
消すのも面倒のでそのままにしてある。書いてしまったものは
しょうがない。鼻毛抜いて死んでこよう。

長らく放置プレイしてたのはブログなのであって、実は少しづつプレイは
していた。チュートリアルで模擬試合をひたすら観戦したり、
変な名前の人を見つけては、ひたすらストーキングしたりしていたわけだが、
そうこうしているうちに、この世はオープンベータなる時代に突入してしまった。


さて、鼻毛ドンブリはまた死ぬことになる。

何回蘇生させることになるのだろう。
hanage37.jpg
オープンベータの時代に生れ落ちる鼻毛ドンブリ。

移行処理中、30分程「waiting...」を延々と見せつけられ、その間、
俺はお茶漬けをすすりながらトイレでウンコをタレ流してしたわけだが、
30分は思っている以上に長かった。

愛してるぜ、ゲームポット。


開始早々、講習会なるものが開かれようとしていた。
オープンベータからの新規参加者がいるためであろう。
FEzeroというゲームについて、きっと語られるのだろう。
俺は、興味本位で覗いてみることにした。

途中、じじいが会場に行きたいというので、おんぶして連れて行ってやった。
hanage39.jpg
鼻毛ドンブリは親切だ。今日もいいことあるだろう。

お、ホラホラ、さっそく。カワイイ子に出会えた。

カワイかったので、
hanage38.jpg
ドサクサにまぎれて、彼女の頭を俺の股にはさんでやった。


また、変な名前のやつ(個人情報保護法により名前は伏せておく。)がいたので、
延々とストーキングしていたら、何だテメェといわんばかりに
睨んできたので、お互い睨めっこになった。
hanage43.jpg
負けるもんか。

相手は、どっかに行ってしまった。俺は勝ったんだ。自分に酔った。

Briahサーバに、新しくキャラを作った。今現在では、鼻毛ドンブリとは
打って変わって、極めて普通のFEzeroライフを送っている。
今まで、ブログにノータッチだった原因は、ここにもある。
BriahサーバでのFEzeroライフについては、ブログで書くつもりはない。
普通すぎてオモロクないので。

長らくして、Atziluthサーバに再びログインしたら、
また、カワイイ子を発見して、ジロジロと見ていたら、
体が勝手に動いて、接近していった。おかしいなぁ。
hanage40.jpg
盾で拒否された。

思いっきり近づいたハァハァ。
hanage41.jpg
チャット欄にはヤメロwとかすらも出てこなかったので、リアルにキモがられているのが想像つく。

異変に気づいたのか、
hanage42.jpg
仲間が集まってきたので、そそくさと撤退した。イイニオイだった。
[何だかオープンベータくさいぞ]の続きを読む
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。